生活に役立つ豆知識や雑学の情報ブログ

痒い所に手が届く有益情報を掲載

時計屋の前に!時計は自分で修理できる!電池交換を自分でしたら177円で済んだ話

f:id:sweetdevil39:20190417081752j:image


この記事は時計が止まってしまって、その時計メーカーに修理を出そうと考えている方、時計屋さんに修理を頼もうと考えている方には、格安に時計修理が出来る記事になっているので、時計修理の費用を抑えたい人にとってはとても参考になるだろう

 

実際私もこの記事を書くことになった出来事として

 

ファッションブランド時計が止まってしまい、そのファッションブランドのお店に時計を持ち込んだのがきっかけだった

 

 時計メーカーに頼むと高い

 

ファッションブランド時計の店員

「修理代金は2340円で1〜2ヶ月かかります」

 

高!長!

 

たかが何万の時計に、(いや何万ってたかがって値段ではないし、普通に万単位の時計は高いと思う、でも他のハイブランド時計に比べたらファッションブランド時計なんで、たかがってレベルの値段だと認識しているという意味)そんなお金と時間がかかることに驚愕した

 

何故って、時計自体の価格に修理代が見合っていないからだ

 

これがハイブランドで何十万もして、自分で直すのはちょっとリスキーだからという理由で修理してもらう値段ならわかる

 

しかしファッションブランド時計に2000円以上かけるのは、私は高いと思った

 

仮に時計が止まるたびに修理に出したとしよう

毎回ファッションブランド店舗に修理に出していたら5、6回行ってたらそのファッションブランドの時計が買えるのだ(そんな頻繁に止まらない?)

これだと、どうにも割りに合わない

 

なので、なんとかもっと安い修理屋はないかと探してみた

 

時計メーカーより安い、時計修理専門業者

私は東京都内在中なのだが、新宿のビックロにも時計修理屋があるのを発見する

ビックロとはビックカメラユニクロが合体した店舗である

フロアはB1か2であった

 

料金価格

目安として

国産時計は938円〜

海外産1490円〜

となっていた

 

さっきよりは安い

 

しかし「〜」って表記が曲者なので、とりあえず店員に聞いてみた

 

ビックロの店員

「こちらの時計は1013円ですね、30分程で出来ます」

 

さっきより半額で、さくっと出来るが、1000円も高いなと正直感じた

 

そんな時調べていたら、なんと時計の電池交換って自分で出来るらしい

 

時計の電池交換ってもっと専用工具とか必要なのかと思っていたけど、案外簡単な道具と予算自分で時計修理が可能だと言う

 

はたして本当にネットの情報は真実なのか?

 

ということで物は試しと、実際に自分で時計修理を敢行してみた

 

時計修理に必要なもの

細くて小さいマイナスドライバー

換えの電池

 

のみ

 

電池交換開始

まず、ファッションブランド時計に入っていた電池は…

SR626SWという型番電池

 

このような電池はメーカー品だと500円くらいで手に入るのだが、型番が合えばメーカー品ではない電池も時計に適合するそう

 

メーカー品電池でなくても良さそうなので最安値を調べてみたところ、なんと100円均一で販売しているらしい

 

が、どんな100円均一でも購入可能と言う訳ではないらしく、よく調べるとダイソーでこの型番電池を取り扱っているらしい

 

ダイソー

早速ダイソーを尋ねてみた

 

電池コーナーを見つけ物色するが、何故か上記のSR626SW型番電池がない…

仕方ないので店員に聞いてみたところ

 

店員

「どうやらメーカーさん自体が製造をしていないみたいです」

 

なんだと…?

 

最寄り駅のダイソーはここしかなく、私は落胆して店を出た

 

ハンズ

次にハンズに寄ってみた

 

ハンズならありそうだと踏んでみた結果、実際型番電池はあったが、メーカー品しか置いてなく、メーカーの定価の値段であった

 

仕方ないので私は最後の頼みの綱、電気屋に行ってみる事にした

 

ヤマダ電機

電気屋だから勿論型番電池はあるはずだが、電気屋だからメーカー品しかないだろうとはなから期待をしていなかった場所なのだ

 

が、電気屋を訪れると、電池コーナーにはメーカー品電池の他に、同じ型番のメーカー品ではない電池も沢山の種類が売られていた

 

勿論上記型番のメーカー品でない電池も、メーカー品電池の半額以下で置いてあった

 

購入する際、店員にメーカー品電池とそうじゃない電池の違いをきいてみた

 

逆輸入しているから安い!電池自体は日本の正規品

 

すると、型番が同じなので電池自体は同じ種類ではあるが、メーカー品ではない電池は海外からの輸入電池という事で低価格で販売出来るのだそう

 

また、使用する状況として、時計が動くかどうかの動作確認などの短期使用を目的として購入される方用だそうだ

 

つまり、長期にわたり電池を使用する事が出来ない、メーカー品よりは短命な電池だから安いという事であろう

 

そんな電池を、私は177円で手に入れた

長期で使用したい場合は、長持ちするというメーカー品の純正電池の購入をおすすめする

さて、早速自宅に戻って時計修理を敢行

 

時計修理開始

 

マイナスドライバーで裏蓋を、えいっ!

f:id:sweetdevil39:20180630101802j:image

ぱかっ!

 

上の白いプラスチックを外し、中に入っていた電池を外し、新しい電池に入れ替える

f:id:sweetdevil39:20180630101809j:image

 

かちっ
f:id:sweetdevil39:20180630101755j:image

時計が動き出した!

 

ものの数分、たった177円で時計修理は完了

 

 

実証結果

今回の実証結果では、時計修理はマイナスドライバーがあれば、最安177円で、自力で修理が可能と言う結論が出た

 

電池交換不要の時計を買えば万事解決!

 

そもそも論だが、時計の電池交換が発生してしまうのは、電池式のクオーツ時計を使っているからだ

電池交換不要なら機械式の腕時計か、ソーラー式がおすすめ

 

機械式腕時計おすすめ

オメガのスピードマスタープロフェッショナルは値段は高めだが、時代が変わってもいつまでも色あせないデザイン、人気を誇っている銘品。一つは持っていたいところ

 

ソーラー式腕時計おすすめ

こちらはソーラー式+電波時計なので、狂いがない(機械式はほっとくと止まる)

カジュアルなデザイン。息子さんや彼氏のお祝いプレゼントにいい

 

上記は、夫やお父さんにプレゼントなんかしてあげたら喜ばれるかも

 

…とここまで書いたが、機械式やソーラー式も止まるので時計はオーバーホールに出さなければならない。が、コスパを考えた時に、機械式やソーラー式の方がクオーツよりはまだ幾分いいと思う。何より、今回みたいなことは起こらない

 

まとめ

 

時計が止まってしまって、その時計メーカーに修理を出そうと考えている

 

時計屋さんに修理を頼もうと考えている

 

時計修理の費用を抑えたい

 

などと考えている方には有益な記事であろう

 

時計修理代とそれに自分の時計が見合うか、また労力が見合うかを検討した上で是非この記事を参考にしてほしい

 

 今、話題の人気の時計ショップはこちら

ダニエルウェリントン日本公式ショップ

ブランドの時計ならこちら

ブランドの種類豊富♪時計の購入はこちらまで【JOMASHOP.COM】